夜勤で働くことの利点

夜間の仕事というものは、昼間の仕事とは異なり、労働時間の関係からも健康に悪影響を与えると考えられています。
また、さまざまな面で融通が利きにくく、辛い仕事というマイナスイメージをもたれやすいものです。
しかし、夜勤の仕事には夜勤独自のメリットがあります。

誰でも思いつくメリットと言えば、日中の仕事に比べて給与面が高いということでしょう。
これは、労働基準法で決められていることであり、昼間の仕事に比べると、最低でも時給は25%増しにしなければならないというルールがあるからです。
また、この他には、夜勤と日勤とで分かれている職場であれば、残業が少なくて済むという魅力もあります。
基本的には夜勤のある職場は、日勤との交代勤務となることがほとんどであるため、決まった時刻になれば日勤勤務者が出勤してきて交替することになります。ですから、残業をすることはほとんどなく、決まった時間に帰ることができます。
このようなことは、精神的にも肉体的にも余裕を持って過ごすことにつながるでしょう。

また、日勤の場合と異なり、自身の仕事に集中して取り組むことができる環境も夜勤には揃っています。
日中の勤務では、他の部署の人々との連携も重要であり、問い合わせの対応や外部からのクレーム対応、打ち合わせなど、さまざまな仕事に従事しなければなりません。
しかし夜勤では、これらの煩雑な対応をすることがほぼないため、取り組むべき仕事に集中できるうえに、精神的な余裕も持てます。

このように夜勤というワークスタイルは、決してマイナス面だけではないのです。
そのため、仕事探しをする時は、上記のメリットも踏まえた上で、自分に合った職種を探しましょう。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近のコメント