夜間に働くメリットについて

夜勤には眠くてつらいイメージがありますが、いくつかのメリットもあります。
まず第一に挙げられるのが給料の高さです。
労働基準法には、夜22時から朝5時にかけての深夜の従事者には、25%以上の割り増し賃金を支払わなければいけないと定められています。
つまり、4時間分の労働で5時間分の給料をもらえることになります。
正社員の場合だと夜勤手当というカタチで支給されます。

次に挙げるメリットは、昼間に働いている多くの人達と全く違うタイムスケジュールで動くことにあります。
出勤時間が夕方から夜にかけてなので、道路が混雑しておらず、スムーズに車を運転することができ、通勤による渋滞を避けられるでしょう。
電車通勤の場合は朝の通勤ラッシュに煩わされることなく、座席を楽に確保することができます。
これらによって、通勤による体の負担や精神的なストレスを軽減させることができます。

また、昼の時間を有効活用できることも夜勤のメリットといえるでしょう。
平日の昼間にしか開いていない銀行や役所の窓口を利用することが容易にできますし、休日の混雑を避けてレジャーを楽しむことも可能です。
さらに、映画やカラオケなどを割引料金で楽しむこともできます。

それ以外にも、職場での人間関係の点においても魅力的なことがあります。
とくに、人見知りの人や人付き合いが苦手な人にとっては、少人数しかいない職場は気楽に働ける環境といってよいはずです。
そのため、過剰に気を使うことなく仕事に打ち込むことができるのです。

2018年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

最近のコメント