業種や事業形態によっては、昼勤と夜勤の2勤体勢で運営している会社があります。
夜勤はデメリットが多いイメージを抱きやすいと思いますが、実際は多くのメリットもあります。
日勤にはない待遇や求人情報のポイントがあり、集中的に稼ぎたい方に向いているでしょう。
例えば、給与に関するメリットはよく聞くのではないでしょうか?
業種や職種によって詳細は異なりますが、夜勤スタッフには夜勤手当や時給アップなどの待遇を受けられるケースがほとんどです。
もちろん、時給が高くても業務内容は同じ場合がほとんどなので、夜勤は肉体的負担が増すというわけではありません。

大手メーカーの工場などでは、1年に何度か夜勤や休日出勤が増える繁盛期があります。
この時期に夜勤と休日出勤を多くやることで、バイトや派遣でも正社員並みの給与を手に入れることが可能になります。

また、夜勤のメリットはまだまだ他にもあります。
例えば、コンビニスタッフの場合、夜間の利用客は日中に比べると大幅に少なくなります。
ランチタイムやディナータイムは立ちっぱなしで接客しなければならないことも多くありますが、夜間は接客業務の頻度は少なくなります。
そのため、夜勤のシフトは心身ともに負担が少なくなると言えます。

さらに、通勤時に渋滞に巻き込まれる可能性や満員電車に乗らなければならないリスクも少なくなるでしょう。
通勤路が100%混雑していないとは言い切れませんが、昼間に比べると通勤時のストレスがなくなるのはとても大きなメリットです。
ですから、夜勤イコール辛いと言い切れず、人によっては賢く稼げるワークスタイルにもなり得るのです。

2018年10月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

最近のコメント